店舗内装の設計はお任せください

  • 048-951-1825
  • メール相談

新規出店をお考えの方へ

本気で出店をお考えの方へ

image

出店工事をお考えになる際、どこに頼めば分からないということがよくあります。当社では設計、プランニングから施工まで、満足のいくトータルサービスをご提供しております。当社が手がける店舗設計、施工の業種は本当に様々です。そのため、お客様のコンセプトやデザインもそれぞれに異なります。店舗設計施工、店舗デザイン施工、内装設計施工を最も適したアイデアやデザインで提案しています。

各種店舗、物販店舗設計施工、飲食店設計施工、美容室設計施工、オフィスなどの設計デザイン施工の事なら当社までお気軽にご相談ください。料金については、ご予算に応じて、最適な店舗リフォームをご提案いたします。

新規出店の施工実績はこちら

出店までのフローチャート

新規出店と一概に言っても、様々な業態・店舗形態があります。今回は幹線道路沿いのレストランの一例をご紹介させて頂きます。

① 事業計画書作成

お店のコンセプトを作成し、貴店の強み、ターゲットユーザーを選定します。

新規出店工事の経験を活かし、メニューの構成や販売品目などの概要の設定や、出店予定地、物件坪数、客席数、顧客単価の設定方法や、出店資金の割り出しや、資金計画など様々な部分でご相談にのらせて頂いております。事業計画にあった出店計画をしましょう。

② 資金調達

自己資金の割合を設定。開店資金の調達方法を決定します。

自己資金の割合の設定はしっかりと行いましょう。今までの事例からすると自己資金の目安は全体予算の半分程度が望ましいようです。自己資金の割合は各種金融機関の融資審査にも大きく影響します。各種金融機関(銀行、信用金庫、リース会社など)に相談しましょう。

③ 物件探し

不動産業者を廻り、条件の良い物件や居抜物件などの情報収集をします。

店舖の行く先を決める重要な事項です。どこに出店するのか。店舖の広さは事業計画に沿っているか。ターゲティング顧客に合ったエリアかもしっかりと見定めましょう。ご希望であれば、当社の関連不動産会社などと連携して、情報収集をお手伝いを致します。お気軽にご相談下さい。

④ 物件内見

候補物件の中から実際の物件を内見します。

広さや物件の立地、交通などしっかりと確認して下さい。お客様からアクセスが良い場所か、お店のコンセプトに合った雰囲気の立地かも見ておいた方が良いでしょう。内見の際に同行させて頂くと、その場で様々な施工時の判断が出来、その後の打ち合わせが楽になります。実際にどの位工事費用がかかるかや、事業に対しての向き不向きなどのアドバイスも可能です。

⑤ 物件契約

店舗契約の補償金や賃料の発生時期の調整、物件の契約を行います。

実際の開店時期までの期間があいてしまうのは致し方ない事ですが、なるべく遅い賃料発生が望ましいでしょう。また、保証金の引き下げ交渉なども現況の改変要望を認めてもらう交渉とともに、不動産会社にしてもらいましょう。将来的なご移転や、現状回復項目の確認の為、物件契約時の現況写真も撮影しておくようにしましょう。

⑥ 各業者選定

各業者の選定を行います。

店舖を経営していく上で多くの業者との繋がりやお付き合いは必要なことです。商品の仕入先を始め、機器、損害保険引受先、有線放送、クレジットカード会社、備品の仕入れ先などがあります。また、許認可申請の際にお願いする行政書士事務所、広告関連からホームページ制作会社なども必要です。これらの業者もご希望に合わせてご紹介致します。

⑦ デザイン・設計依頼

店舗のデザイン・設計を行います。

お客様の要望に応え、お店のイメージを具現化した、デザインから設計、施工、管理まで一貫した業務を行います。お客様に納得して頂ける店舖を作らせて頂きます。「お客様のお客様」が満足がして頂ける空間造りが我々の喜びです。

⑧ 施工工事の契約と開店日の決定

開店日を決定し、工事日程を設定します。

設計の上でのご要望や工事のスケジュールのお打ち合わせします。取り決め事項を確認し、ご契約になります。気になる事項は必ず確認して下さいますようお願い致します。各契約事項やお支払いの方法などは、契約書に全て記載させて頂きます。

⑨ 各種官庁申請

保健所・消防署・警察に所定の申請を行います。

保健所や消防署・警察に所定の申請を行いましょう。各種申請の際の書類には申請者として内容をご確認の上、ご捺印を頂きます。また、申請の際は必要に応じてご同行頂く場合もあります。このタイミングで電気、水道、ガスなどの使用開始届けも行いましょう。

⑩ 各種申し込み

各取引業者を決定し契約します。

選定して頂いた業者の各担当者様にご連絡して頂き、施工日程や機器の搬入日などのお打ち合わせと調整をさせて頂きます。

⑪ 店舗名の決定、ロゴの作成

お店の顔となるロゴ、名前を決定します。

お店の顔ともなるロゴを作成し、店舖名(屋号)を決定しましょう。お店のロゴなどは店舖の看板設計の際にも必要となります。

⑫ メニューやDM、ショップカードなどを作成

ロゴ・店名が決定したら、開店に向け各媒体の広告を作成しましょう。

ロゴや店名が決定したらメニューやDM、ショップカードなどの準備をしましょう。また、遅くともこの時期から各媒体の広告の準備を開始して下さい。紙媒体やインターネット広告やホームページなど様々ありますので、しっかりと準備しましょう。紙媒体は開店日の三週間前位が発注期限となる事が多いようです。ホームページは3ヶ月前位から始めておいた方が良いでしょう。

⑬ 工事の立ち会いと中間チェック

工事期間中、各工程に合わせて現場の確認作業をしていただきます。

工事期間中、各工程において現場の状況を確認して下さい。各工程に合わせご希望とあればいつでも現場をご案内させて頂きます。設計担当が現場管理をしておりますので、変更点などが発生した場合は速やかに対応させて頂きます。工程や作業の無駄を省き、お客様が納得して頂ける店舖の完成を叶えます。

⑭ 各種官庁の検査の立ち会い

消防署や保健所などの官庁検査が必要です。

消防署や保健所の官庁検査を必ず受けましょう。代理の方でも問題はありませんが、必ず出店者様として現場にて立ち合って頂く必要があります。

⑮ 完成店舗のお引渡し

完成店舗の引き渡しを受けます。法律や条例に違反していないかしっかりと確認を行います。

法律や条例に違反していないかをしっかりと確認し、店舖をクリーニングしてからお引き渡しとなります。この際、隅々まで施工箇所のチェックを行います。設備機器などの取り扱いの説明を聞き、鍵の返却を受けてお引渡しが完了となります。

⑯ 防火管理者講習受講

消防規定があります。防火管理者の講習を受けましょう。

消防法により規定があります。防火管理者の講習を受けましょう。防火管理者とは、管理、監督的な地位にあるスタッフの中から防火管理者を選定し、消防庁もしくは消防署長に届け出なければならないという消防法上の規定です。一日六時間程度の講習を受けることが必要となります。

⑰ トレーニング・テストラン

スタッフの方々に接客や調理などのトレーニングを行い、開店に備えます。

開店日に備え、スタッフの方々の接客や調理のトレーニングを行いましょう。また、実際にシミュレーションしてみる事で不足している点や、より改善出来る点などが見つかる事があります。

⑱ 助成金申請

法人名義で出店をされる場合、助成金を受け取れるケースがございます。

法人名義で出店されている場合、助成金を受け取る事ができる事があります。地域によっても異なりますので、社会保険労務士事務所などに依頼すると手続きはスムーズに済みます。もちろんご自身での申請も可能です。

⑲ レセプションを行いましょう

開店されるお店のレセプションを行います。

これからオープンするお店の紹介とお世話になってきた方達へのお礼も含めてレセプションを行いましょう。実際に来店してくださった方の意見などを参考にして、さらに改善しましょう。その為、開店日はレセプション開催から数日あけて設定しておくのが望ましいでしょう。レセプションの形態としては、無料の場合も有料で行なうパーティー制のものもあり様々です。

⑳ 開店

いよいよ開店です。

これからお客様をお迎えするにあたり、入念に準備をチェックしておきましょう。当日は開店前からお祝いのお花などが届きます。届いたお花をどこに置くかなどある程度決めておきましょう。さあ、いよいよ開店です。

ページトップへ戻る